HOME全日制

校舎

校長より

九石校長

神奈川県立横須賀高等学校 校長 九石 美智穂

ようこそ、「神奈川県立横須賀高等学校」ホームページへ。神奈川県立横須賀高等学校第28代校長の九石美智穂と申します。本校の紹介ならびにご挨拶をさせていただきます。

本校は「横須賀の地に県立中学校を」との強い願いのもと、明治41年に神奈川県立第四中学校として創立され、初代校長には吉田松陰の甥にあたる吉田庫三先生が就任しました。大正2年には神奈川県立横須賀中学校に、さらに昭和23年の学制改革によって神奈川県立横須賀高等学校と改称されました。全日制と定時制の2課程の併置校です。以来、横須賀地区における教育の中軸を担うとともに神奈川の教育に大きく 貢献し、平成20年には創立100 年という大きな歴史を刻みました。

創立当初の「報本反始」「強固な意志と不屈の精神」の校是、 また「文武両道」はもとより「自学自習」「自主自律」の訓言のもとに着実な教育実践を行い、卒業生は全日制・定時制合わせて約3万7千有余人にのぼります。多くの卒業生が政界・官界・財界のみならず様々な分野で活躍し社会に大きく貢献しています。

神奈川を代表する伝統校であり、地域では伝統的に「横高」「県横」と呼ばれ、旧制中学時代を知る年代からは、現在でも「横中」と呼ばれることもあります。

神奈川県を代表する伝統校の「学力向上進学重点校」の第27代校長として「教育の不易流行を大切に」を信念に、「今できること、今なすべきこと」を見極め、誠実で果敢な学校経営を行っていきます。1世紀を超える歴史と伝統をもつ「神奈川県立横須賀高校の矜持」を大切にしたいと考えています。

さらに進路実現を学校の教育活動の中心軸にした取り組みを、さらに「次代を担う人材」を育成するため、生徒の人間性・社会性を伸ばすような取り組みも着実にすすめていきます。

これからの社会は今までの経験則が通用せず、さまざまな場面で「自己判断」「自己決定」そして「自己責任」による課題解決能力が求められます。その能力を育成すべく「自己探求」から「自己実現」を基本理念に、平成22年度から本校独自の教育プログラム「横高アカデミア」を含め様々な教育プログラムに取り組んできました。平成24年はそれらの取り組みが体系として完成年度を迎えることになります。その成果総括・検証し、すべての教育活動を見直し、生徒の「確かな自己実現」に向け、次年度への深化・発展・改善の取り組みを推進していきます。生徒・保護者・教職員にとって、魅力ある学校とすることが、学校の活性化につながる方策であり、結果として県民にとって真に魅力ある学校になると考えています。県立横須賀高等学校のこれからにご期待ください。