HOME全日制

校舎

校長より

九石校長

神奈川県立横須賀高等学校 校長 九石 美智穂

ようこそ、「神奈川県立横須賀高等学校」ホームページへ。神奈川県立横須賀高等学校第28代校長の九石美智穂と申します。本校の紹介ならびにご挨拶をさせていただきます。

本校は「横須賀の地に県立中学校を」との強い願いのもと、明治41年に神奈川県立第四中学校として創立され、初代校長には吉田松陰の甥にあたる吉田庫三先生が就任しました。大正2年には神奈川県立横須賀中学校に、さらに昭和23年の学制改革によって神奈川県立横須賀高等学校と改称されました。全日制と定時制の2課程の併置校です。以来、横須賀地区における教育の中軸を担うとともに神奈川の教育に大きく 貢献し、平成20年には創立100 年という大きな歴史を刻みました。

創立当初の「報本反始」「強固な意志と不屈の精神」の校是、 また「文武両道」はもとより「自学自習」「自主自律」の訓言のもとに着実な教育実践を行い、卒業生は全日制・定時制合わせて約3万7千有余人にのぼります。多くの卒業生が政界・官界・財界のみならず様々な分野で活躍し社会に大きく貢献しています。

神奈川を代表する伝統校であり、地域では伝統的に「横高」「県横」と呼ばれ、旧制中学時代を知る年代からは、現在でも「横中」と呼ばれることもあります。

横須賀高校定時制は、「ゆっくり・じっくり」を合言葉に多様な生徒のニーズに寄り添いながら生きる力と基礎学力を育成しています。1年生の4月には「モジュール授業」という、学び直しの時間を設定しています。毎年、生徒は学習への達成感や意欲を、この「モジュール授業」で高めることができています。また、部活動も活性化しており、先生と部員の楽しい時間となっています。平成28年度には、「横定大運動会」をはじめて開催し、秋の一日、明るい日差しの元で皆気もちよさそうに競技を楽しんでいました。このように学力と社会性の両輪を大切に、総合的な学習の時間を活用しながら、キャリア教育も推進しています。

横浜修悠館高校と連携して「三修制」の授業及び単位認定のしくみがありますので、これを利用して単位認定されれば三年間で卒業を果たすこともできます。「横定」で自分のペースに合った学び方を探してみてください。