横高の四季 横高の四季 横高の四季 横高の四季 横高の四季

全日制HOME > 在校生へ > 図書館より > 図書委員より

サイトマップ

図書館より

図書委員のオススメ 1 (2014/06)

「コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状」 村山早紀著

大切な探し物を見つけられる、ふしぎなコンビニたそがれ堂。シリーズ第2弾ですが、短編集なのでこの一冊からでも楽しめます。それぞれの主人公の想いが、絵本のようなやさしくのんびりした語り口で描かれていて、心があたたまる童話のような物語です。私のおすすめは「魔法の振り子」。

2年 しらたき

「さまよう刃(やいば)」 東野圭吾著

この本は、ごく一般の平和な家庭に、偶然が重なって一人娘が残虐に殺されてしまい。それに対する父親の復習の物語です。  普段、優しくて温厚だった父親が、娘を思うあまりに殺意が芽生えてしまう場面では父親に感情移入してしまい複雑な気分になりました。家族、親子の愛を考えさせられる作品なので、是非手にとってみて下さい。

1年 Yama

「館島」 東川篤哉著

天才建築家・十文字和臣が孤島にそびえる異形の館で異様な死を遂げてから半年、事件解決のため、再び事件関係者が館に招かれた。美人女探偵と若手一課刑事が謎に迫る最中、またも不可解な死が連続し、謎は深まる。コミカルな対話と壮大かつ緻密なレトリックが織り成す東川ワールドについ引き込まれる、本格ユーモアミステリ小説。

2年 水月

「屍鬼 上下」 小野不由美著

外部から隔離された村、外場村は古い慣習や伝統を守りながら生活を営んでいた。住人たちが集う寄合や、今だに行われる土葬、確かに村は現代から隔離されていた。しかし、ある日を境に原因不明の病で人々は倒れ、村を死が包囲する。次々と亡くなる人々、それは本当に病が原因なのか、それとも・・・             

1年 夢乃

「ふたりの距離の概算」 米澤穂信著

この本は古典部に一人の新入生が入部したのですが、部長である千反田と新入部員との間に亀裂が入ってしまいます。その問題を解決するため、折木は学校イベントのマラソンの最中に亀裂の原因を整理しながら、問題を解決する話です。

1年 KITEHARU

「海の底」 有川浩著

“桜祭りの日曜日、米軍基地の見物客でごったがえす横須賀に人々を捕食する巨大甲殻類が襲来する。”この本は有川浩さんの自衛隊三部作の1つ。3作ともありえない設定ながら、徹底したリアリティ追及により、非現実なのに現実的という独特な世界を創り出している。ぜひ3作全て読んでいただきたい。            

2年 エビフライ

「ゾンビサバイバルガイド」 マックス・ブルックス著

全人類必見!ゾンビを見かけた、襲われた、そんなことになってもこの本を読めば大丈夫。逃亡法から攻撃法、さらにはゾンビの襲撃記録まで。これを読んで、来たる週末に備えるべし!

3年 海咲凪

「ちはやふる」 末次由紀著

このマンガは主人公が小学生の頃競技かるたと出会い、友だち、先生たちと一緒に上達していく物語です。登場人物のキャラが濃く、恋愛も入っていてとても楽しめます。ぜひ読んでみてください。

2年 にゃん

「漫画版 野武士のグルメ」 久住昌之 原著 土山しげる画

「食」を題材にした作品は多くあるが、ここまで自然で飽きのこないものは初めて読んだ。主人公は定年後のごく普通の男性、香住武。彼がただひとり飯をしていくという内容なのだが、そこが深い。ひとり飯の極意とは野武士のように「食」と対峙すること。なので彼は一度の食事に非常に真剣なのだ。そこがこの作品最大の見所だろう。「食」への飽くなき欲求がつまった垂涎のグルメコミックだ。

2年 もんじ

「魔法科高校の劣等生」 佐島勤著

兄と妹は同じ学校に通う生徒である。妹は主席で入学した優等生であるのに対し、兄は魔法の実技が不得意であるため劣等生となってしまった。そんな二人の仲はあまりに良すぎる(ブラコンとシスコンである)のだが、優劣で分けたがるこの学校ではどうなってしまうのか…。兄の司波達也は、実技はダメであるがペーパーと体術の実力が強く、魔法にも秘密があって…。

2年 カノン

「レイン」 吉野匠著

"戦う最強剣士のお話。主人公レインの性格や気持ち良いくらいの圧倒的な強さに気分がスカッとします。彼の悲しい過去や仲間との楽しげなやりとりで、吸い込まれるように一気に読み終えてしまいました。  シリアスからコメディ、冒険、戦い、恋愛までつまっている作品です。ぜひ一度読んでみて下さい!!"

2年 りんご

「三匹のおっさん」 有川浩 著

還暦を過ぎた三人のおっさん、キヨ、ノリ、シゲが町内に潜む悪を倒すために立ちあがる痛快アクション・コメディ。最近は北大路欣也さん主演でドラマ化されるなどして、人気上昇中の作品です。「半沢直樹はブラックすぎるけど、スカッとする小説が読みたい」という方におススメです。

1年 マスターヨーダ

「ルーズヴェルト・ゲーム」 池井戸潤著

ルーズヴェルト・ゲームとは、アメリカのルーズヴェルト大統領が一番面白いといった野球で8対7のゲームのことです。倒産寸前の青島製作所と負け続けて廃部寸前の野球部が、ルーズヴェルト・ゲームのように困難を乗りこえ逆転していく物語です。この本はドラマ化されています。またこれはドラマ半沢直樹の原作を書いた池井戸潤さんの作品で、半沢直樹と同様、読んでいてスカッとするストーリーになっているのでぜひ読んでみてください。 

1年 プレジデント

「朗読者」 ベルンハルト・シュリンク著

僕は母親ほど年の違うハンナと交際していた。ハンナは会う度に、僕に朗読を頼んだ。そして突然ハンナは僕の前から姿を消した。数年後、法学生になった僕はナチスの裁判にかけられるハンナと再会する。そしてハンナは悲しい秘密のため、極刑に処される。現実の無常さに考えさせられる。

3年 轍

「グイン・サーガ」 栗本薫著

世界最長・最高の面白さです。豹頭のグインと彼を取り巻く登場人物たちの人生そのものがこの本にあります。

3年 空介

「ヘルシー! 豆乳レシピ」

この本を1冊読むだけで豆乳がわかる!!ごはんからデザートまでヘルシーでおいしそうなものがたくさんあってどれも食べたくなっちゃう。豆乳でプリンとか…。写真があって読んでて楽しい!

1年 ヘルシー

「とある魔術の禁書目録(インデックス)」 鎌池和馬著

科学による超能力開発が顔である学園都市。夏休み、そこに住む不幸青年、上条当麻は自分の家のベランダに干してあった少女インデックスをみつける。インデックスは自分の持つ10万3000冊の魔道書をねらう“魔術結社”に追われているというが、魔術を信じない当麻はインデックスの話も信じていなかったが…!?

1年 アクエリ

このページの先頭へ戻る

図書委員のオススメ 7 (2014/03)

「ルポ「中国製品」の闇」 鈴木譲二著

「中国製品」の闇というタイトルを聞いてあなたはどのようなイメージを抱きますか?
 この本は中国製義歯の問題から私たちが使っている中国製品の闇へ迫っていきます。製品の安全性を求める現代の私たちが直面している様々な問題や闇が、この本を通して理解できると思うのでとてもお勧めの一冊です。

1年 いちごクレープ

「真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ」 大沼紀子著

幼いころからかっこうの子のように様々なところに託卵させられたヒロインの希望が、次にやってきた託卵先はパン屋さんでした。しかもそのパン屋さんは夜中しか営業していないという。真っ当な道を歩めない人たちがやってくるそのパン屋さんで、希望はパンの修行をしつつも、問題を解決していきます。登場人物の複雑な人間関係に甘酸っぱさを感じるでしょう。

1年 ココロのアイダ

「ビブリア古書堂の事件手帖」 三上延著

古書堂の店主である篠川栞子と、ある理由があって本を読むことができなくなった青年・五浦大輔という異色のコンビが、舞い込んでくる謎を本を通じて解決していくという内容です。文庫本として初めて本屋大賞にノミネートするなどそのおもしろさは申し分ないです。ぜひ読んでみてください。

2年 世界保健機関

「羅生門」 芥川龍之介著

東京出身小説家、芥川龍之介が書いた有名作品、羅生門。この本を一度手にとり読み進めて行けば、様々で複雑に絡んだ感情を持つだろう。ぜひ、芥川龍之介からのメッセージを理解し、深く考えていただきたい。

1年 イーブイ

「遠野物語remix」 京極夏彦、柳田國男著

東北の地「遠野」の明治時代頃の怪談や不思議な現象を100話以上集めた短編集。1~3ページで1話くらいのものばかりなので、読みやすいです。「王様のブランチ」でも絶賛!!

2年 グリーン

「死の都ブリュージュ」 G.ローデンバック著

男寡のユーグは、妻の死後、灰色の町ブリュージュに移住し、妻の遺髪や遺品を聖遺物の如く礼拝するのを日課としていた。
 ある日彼は亡き妻に生き写しの踊り子ジャーヌと出会い、愛人として囲うようになる。古く敬虔な街ブリュージュはそれを良しとせず、ジャーヌの化けの皮も剥がれてきて…
 寂れた古都の情景が美しい、静かな気持ちになれる一冊。あわせてクノップフ作「見捨てられた街」という絵も見れば面白さ倍増。

2年 轍

「告白」 湊かなえ著

我が子を亡くした女教師が終業式の日のHRで犯人の少年を指し示すところから物語は始まり、事件の当事者たちが各々の目線から事件を語っていくことで展開していきます。伏線が多く、内容も深いですが読みやすく最後までどんどん読めてしまう本です。

1年 やん

このページの先頭へ戻る

図書委員のオススメ 6 (2013/11)

「2.43 清陰高校男子バレー部」 壁井ユカコ著

一気読み必至!今年最も清々しいと言ってよい青春バレー小説。東京からやってきた天才セッターの問題児・灰島。身体能力抜群のヘタレ・黒羽。地方弱小チームの全国への挑戦。男子高校生ならではの悩みや葛藤、そして嬉び。それらが全てバレーというスポーツにつめこまれ、彼らは輝いている。この作品をきっかけに少しでもバレーに慣れ親しみ、又、県横男子バレー部にも御注目頂きたい。

1年 もんじ。

「魔性の子」 小野不由美著

母校へと教育実習生として趣いた広瀬は、自分の担当するクラスに不思議な少年、「高里要」に出会う。彼には幼い頃に神隠しにあったことがあり、関わると必ず報復があるといううわさがあった。最初は信じていなかった広瀬も、どんどん増えていく周りの者の不審な死を見て、信じるようになる。一体、高里は何者なのか?

2年 みかん

「僕って何」 三田誠広著

田舎から東京の大学にやってきた僕。そこでは学生運動が生活の中心となって日々が回っていた。色々な派閥に属している学生達が、自分達こそ正義だと信じ、主張し、争い、いがみ合っている中で、僕はいつの間にかその闘争の渦中へ埋もれていく。そうして巻き込まれ体質の僕も学生という身分であるものの、自己を見つめる機会を得、悩みつつも進んでいく。そんな、学生がまだ「生きていた」時代の話です。

3年 赤ずきん

「夜は短し歩けよ乙女」 森見登美彦著

「黒髪の乙女」に密かに想いを寄せる「先輩」は、夜の町で、古本市で、学園祭で、彼女の姿を求めて奔走し奮闘する。しかし鈍感系ヒロインである彼女は幾度の“偶然の出会い”の度に「奇偶ですねぇ!」と言うばかり。個性豊か、という言葉では生ぬるい程の奇人変人共が立ちはだかる中、はたして「先輩」は意中の黒髪の乙女を振り向かせることができるのでしょうか?

3年 赤ずきん

「博士の愛した数式」 小川洋子著

事故によって80分しか記憶が保てなくなってしまった「博士」と、そこに家政婦として雇われた「私」とその息子「ルート」の奇妙な交流を描いた作品です。記憶が保てないかわりに数式を使って他人と交流をはかるところが見所です。第1回本屋大賞も受賞した名作なのでぜひ読んでみてください。

2年 世界保健機関

「フリーター、家を買う」 有川浩著

高校卒業後、一浪したものの私立大学を卒業し、無事就職した主人公、武誠治。しかし「自分に合わない」という理由で3ヶ月で退職してしまう。それからというもの自分の部屋に閉じこもりがちになってしまった誠治だが、母親が病気になったことをきっかけに家族と向き合うようになる。奮闘し、成長していく誠治の姿に勇気がわいてきます!

1年 ココロのアイダ

「聖痕」 筒井康隆著

朝日新聞連載時より話題騒然!「ぼくは綺麗だから、あいつはぼくのおちんちんやたまきんをちょん切ったんだ。」余りの美貌ゆえに5歳にして性器を切り取られた葉月貴夫。しかし、なおも美しく成長していく貴夫は、人々の様々な欲望を惹き起こしていく。重鎮・筒井康隆による、圧倒的な文章美。小説的技術の粋を尽くして語られる現代と未来。特に東日本大震災時の記述には、何とも言えぬ臨場感がある。日本語の美しさの極み。珠玉の一作。

1年 もんじ。

「鋼の錬金術師」 荒川弘著 (コミック)

エルリック兄弟は錬金術という力が使える。死んだお母さんをもう一度みたいという願いから、禁忌である人体練成に挑戦し、失敗してしまう。失敗した反動で、兄エドワードは右手と左足、そして弟のアルフォンスの体を失ってしまった。弟の魂を鎧に定着させて、自分たちの体をとり戻すために冒険する。賢者の石と呼ばれるものが、2人の体を戻せる手がかりとなるが!?

1年 冬眠したい

「永遠の0」 百田直樹著

戦後、健太郎は、死んだ祖父について調べていた。天才、しかし臆病者といわれ「妻との約束を果たすため、絶対に死ねない」とまで言っていた祖父は、なぜ自ら零戦に乗り、特攻へ赴き命を落としたのか…?全ての真実が明らかになる時、涙すること間違いなしの感動ストーリー。

2年 食パン

「バイバイ、ブラックバード」 伊坂幸太郎著

<あのバス>で連れていかれる前に、謎の大女とともに5人の恋人たちへ別れを告げにいく主人公。作中の会話やエピソードはとても平和でコミカル。ダメな男にも見える主人公が、それでも「こう生きられたら」と読者に思わせるような、読んだあとすっきりとするお話です。

1年 しらたき

「放課後はミステリーとともに」 東川篤哉著

「謎解きはディナーのあとで」で本屋大賞を受賞した東川篤哉さんの作品です。エアコンのような名前で、鯉ヶ窪学園探偵部の、霧ヶ峰涼が衝撃のトリックを解いていくミステリーです。毎回毎回とても面白いトリックがしかけられていて最後に「あっ」と思わせられる本で、読んでいてすごく楽しいです。

1年 月見だんご

「2分間ミステリー」 ドナルド・J・ソボル著

2ページほどの超短編ミステリーが数十題集結。実際2分間で読むことができ、その範囲のページが矛盾を見つけ、事件の核心に迫っていく読み方で楽しみます。時間が無い方、寝る前などに1題どうでしょうか。

1年 トウマ

「ツバサクロニクル」 CLAMP著 (コミック)

クロウ国の姫、サクラの記憶が羽根となって異世界へ飛んでしまった。サクラのことを大切に思う小狼が羽根を探す旅を始める。小狼はサクラとの思い出とひきかえに異世界を旅する手段を手に入れる。旅には異世界から来たファイと黒鋼が同行することになった。サクラの記憶は無事に取り戻すことができるのか?異世界ではどんなことが待ちうけているのか、そこが見どころ。

1年 冬眠したい

「怖い絵」シリーズ 中野京子著

西洋絵画なんて堅苦しいものだと思われがちだが、時代背景や絵の意味がわかるとかなり面白い。この本は美しい絵画に隠された人間の怖い面を、絵画のバックグラウンドとからめてわかりやすく紹介している。私のオススメはベラスケスの「ラス=メニーナス」にまつわる話だ。

2年 轍

このページの先頭へ戻る

図書委員のオススメ 5 (2013/10)

「階段途中のビッグ・ノイズ」 越谷オサム著

舞台は県立大宮本田高校の軽音楽部。上級生2人の不祥事で軽音楽部が廃部の危機に立たされる。だが校長に直談判した結果、条件付きで部を存続させることに成功。その条件の中に半年以内に何かしらの成果をあげることがあった。軽音楽部は文化祭「田高マニア」でライブを成功させることを目標に活動を再開する。

「県庁おもてなし課」 有川弘著

高知県の県庁におもてなし課というものが現れた。主人公掛水は県内の観光を発展させるために奮闘するもののお役所のルールに縛られ息詰まってしまう。そんな中高知県出身の作家吉門に「バカか、あんたらは」と怒鳴られてしまう。吉門に助けてもらいつつも、努力し、恋し、成長していく掛水に注目です。地方にも光がある。

「その時までサヨナラ」 山田悠介著

大手出版社に勤める主人公はすべてを犠牲にして仕事に打ち込んできた。そんななか突然列車事故の知らせ。妻は亡くなってしまい、息子の裕太は助かった。自分に懐かず仕事の邪魔になると考えた主人公は義理の両親に預けようとする。ところがそこに妻の親友、宮前春子が現れ、事態は思わぬ展開を見せはじめる。

「裁判長!桃太郎は『強盗致傷』です!」 小林剛監修

桃太郎は強盗致傷?猿蟹合戦は集団殺人?白雪姫の王子様は強制わいせつ?小さい頃から慣れ親しんだ昔話やおとぎ話を刑法で裁くと…。清く正しい主人公たちも、「めでたし、めでたし」では済まされない!?

「三国志」 吉川英治著

三国志とは、180年~280年頃の中国を舞台とした物語です。さまざまな作者が三国志を書いているが、吉川英治さんが書いた本書は初めて読む人にオススメです。

三国志演義を元に歴史的事実も反映されています。ストーリー的にも面白く、三国志の基礎知識を得るのに最適です!!

「アラビアンナイト」

妻の不貞を見て女性不審となったシャフリヤール王が、国の若い女性と一夜を過ごして殺す、ということを繰り返していた。そこで、大臣の娘シャラハザードはそれを阻止するべく、自ら王の元に嫁ぐ。そしてシャハラザードは千夜に渡って毎夜、王に話をしては気を紛らわせ、最後に女性を殺すのを止めさせるというストーリーとなっている。さまざまな国の話が含まれているが、主に中東付近の話が多い。

「フランダースの犬」 ウィーダ著

両親を亡くし、貧しいながらも一生懸命生きているネロとパトラッシュに注目です。

ネロとパトラッシュの出会いはネロがアントワープに行った時のこと。意地悪な商人に重い荷台を引かされて水も与えてもらえずに頑張る犬をネロが見つけたのです。全く接点のなかったネロとパトラッシュでしたが、次第に友情を深めていきます。そして、涙の結末が…。

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 村上春樹著

村上春樹話題の最新作。主人公多崎つくるは高校時代の友人達にある日突然別れを告げられる。その謎を確かめるため、彼は旧友達を訪ねる「巡礼」の旅へ出かけるのであった。物語で主人公は異郷の地フィンランドへ一人で向かう。本を読めば、フィンランドの長閑な雰囲気に心が安らぐはずだ。そして、物語の中に登場するヘルシンキのカフェなどは実在し、この本を読んでフィンランドへ出かけてみるのもいいだろうと思う。

「不思議の国のアリス」 ルイス・キャロル著

この本はアリスという名前の少女が白いウサギを追いかけて不思議な国にたどり着いた後、世にも奇妙な動物に出会ったり、様々な出来事に巻き込まれる物語です。主人公アリスと一緒に不思議な世界を楽しめると思います。次々と移り変わる画面にわくわくと胸がときめくはずです。ぜひ一度読んでみてください。

「シェイクスピア全集」

シェイクスピアはイングランドの劇作家、詩人である。ラムがシェイクスピアの劇の台本を小説にしたのがこの本。短篇小説であり、有名なものとしては『ロミオとジュリエット』や『ハムレット』などがふくまれている。全ての作品が短くまとめられているがとても分かりやすく手軽に読めるものとなっている。

「ハリーポッターと炎のゴブレット」 J.K.ローリング著

世界的大人気の作品はハリーポッターシリーズのひとつ。物語の舞台はイギリスで、もとよりあるにぎやかさと芸術的な外観の雰囲気にファンタジーな世界観を取り入れた描写は読む人の心に高揚感を与え続けます。著者のローリングは年収182億円。出版するきっかけは編集者の娘が面白いと言ったからなどと言う話が残っています。

「背徳者」 アンドレ・ジット著

まじめな考古学者ミシェルは愛妻マルスリーヌとの新婚旅行中、アフリカのチュニスで病をわずらい死の淵から生還したことによって価値観が大きく変化する。“生まれ変わった”夫ミシェルは今までの禁欲的でまじめな性格の反動で悪徳に染まり、放蕩のせいで貞淑なマルスリーヌに気苦労をかけ、彼女を失うこととなる。

「ふしぎの国のレイチェル」 エミリー・ロッダ著

エミリー・ロッダはオーストラリア生まれのファンタジー・推理作家です。

推理作家のときはジェニファー・ロウという本名を用います。

有名な著作に「ふしぎの国のレイチェル」「リンの谷のローワン」「デルトラクエスト」などがあり、オーストラリア最優秀児童図書賞も何度も受賞しています。ニュースキャスターなど幅広く活動しています。

「デルトラクエスト」 エミリー・ロッダ著

オーストラリア生まれの作家エミリー・ロッダの書く冒険ファンタジー。

リーフ、バルダ、ジャスミンの3人が故郷デルトラ王国を影の大王の魔手から救うため様々な困難を乗り越えていく。

「赤毛のアン」 ルーシー・モード・モンゴメリー著

カナダ東部、プリンスエドワード島を舞台とした物語です。

主人公・アンはアボンリー村の老兄妹に手違いで引き取られた孤児です。

2人の愛情を受けてアンは成長していきます。

美しいプリンスエドワード島の自然、そして心温まる人と人とのつながりが見所の一冊です。

「月と6ペンス」 .ウィリアム・サマセット・モーム著

安定した地位を捨てて画家になったストリックランドの半生を追った小説。ストリックランドのモデルとなった画家ゴーガンは晩年、タヒチで『我々はどこから来て、我々は何者で、どこへ行くのか』など、タヒチでしか描くことのできない傑作を描き上げた。ストリックランドもタヒチこそ自分の運命の地だと直感し、死に際に傑作を遺す。他人の評価を歯牙にもかけず、我が道をゆく力強い生き様に感銘を受けること間違いなし。

「魔女が語るグリム童話」 池田香代子著

シンデレラって走るの速いよね。ラプンツェルの髪っていいビジネスになりそうだよね。白雪姫の王子様って変態なんじゃ…。みんな大好きグリム童話をパロディにしたらここまで面白い!抱腹絶倒の新しい童話の読み方。

( 図書だより 秋の特大号より転載 )

このページの先頭へ戻る

図書委員のオススメ 4 (2013/08)

「真夏の方程式」 東野圭吾著

この本は天才科学者湯川学のガリレオシリーズの1つです。仕事の都合で海辺の旅館へ泊まることになった湯川と、親の都合でそこにやってきた少年が出会い、そこである事件がおきます。事件の真相は何なのか。またその事件がおきた背景にあったものは何なのか。天才ガリレオが解決していきます。家族の愛を強く感じることができる本です。

1年 計算

「今日からマのつく自由業」 喬林和著

ごく普通の生活をしていた高校生、渋谷有利はある日トイレに流されて異世界へ行ってしまう。異世界で第二十七代魔王陛下であると告げられた有利の運命は?魔王になるのか!? 日本人の男の子が正義の言葉を守って世界観の違いに途惑いながらも頑張っていく!!

1年 黒髪

「夜行観覧車」 湊かなえ著

2013年1学期、TBSによってドラマにもなった湊かなえ原作「夜行観覧車」は、家族の崩壊と再生を描く小説。高級住宅地「ひばりヶ丘」に引っ越してきた遠藤家。ある日、向いにすむ高橋家の夫、弘幸が殺される。泣きくずれる妻、行方不明の次男、そして、遠藤家ではこの事件をきっかけに崩壊していく。果たして真相は・・・。

1年 てっぺん

「グラスホッパー」 伊坂幸太郎著

二年前、寺原と言う男に妻を轢き殺された鈴木は、自らの調査ののち、寺原のいる会社「フロイライン」の存在を知り、復讐しようとその会社に転がり込む。が、その矢先、寺原は鈴木の目の前で車に轢かれ死んでしまう・・・。鈴木と「槿」、「鯨」、「蝉」などと名乗る殺し屋達の、残酷かつ悲しい物語。

2年 うどん

「少年陰陽師 異邦の影を探しだせ」 結城流著

時は平安中期。都に住む13歳の少年、阿部昌浩の祖父は帝の信頼も厚い稀代の陰陽師安倍晴明。末の孫であり半人前の昌浩は物の怪のもっくんと共に夜の都を駆け回る。そんな昌浩ともっくんに試練が!原因不明の火炎による騒ぎに調査に乗り出すが・・・!? 祖父を見返そうと奮闘する昌浩が晴明を「ぎゃふん」と言わせることはできるのか!?

1年 典侍

「図書館戦争シリーズ」 有川浩著

アニメ化や映画化がされている作品です。「図書館」と「戦争」というあまり関係ないものですが、戦闘場面や恋愛要素まで含まれているので、これまでになかった世界観だと思います。初めは世界に入り込めなくても、すこし読み進めれば大丈夫。どんどん読み進めることができます!!ぜひ手にとってみて下さい。

1年 love&war

「手紙屋 蛍雪編」 喜多川泰著

この本は「手紙屋」を名のる人とある女の子との手紙形式の物語です。「勉強とはどうしてするのか。」「大学に行きたいと思ってはいるけれど何のためか、自分でも分かりません。」そんな進路・勉強についての悩みを手紙を通して解決していく話です。ぜひ一度手にとって読んでみて下さい。

1年 カレー

「そのときは彼によろしく」 市川拓司著

「いま、会いにゆきます」を書いた作者の作品で、長澤まさみ主演で映画化もされました。小さな水草ショップを営む智史に、ファーストキスの相手、花梨がアルバイトとしてやってきて・・・。純愛だけでなく、家族愛や友情も描かれた感動するお話です。

2年 金太郎

「空想科学読本」 柳田理科雄著

「マンガやアニメ、特撮などで登場するあんな技や、こんな行動は現実でやったら可能なのか!?」ということを作者の柳田理科雄が徹底検証します!! 意外な結果に驚かされること間違いなしです!! サクサク読み進めることができるのでぜひ読んでみてください。

2年 世界保健機関

このページの先頭へ戻る

図書委員のオススメ 3 (2013/06)

「旅猫リポート」 有川浩著

大切な猫と昔の友人たちを訪ねる「最後の」旅。猫の視点から描かれたこの物語は、地の文と猫の心境がミックスしてコミカルであり、とても読みやすいです。最後まで飼い主サトルの猫でいるために――猫のナナが選んだ道とは!? 猫好きにおすすめな感動作。

1年 しらたき

「レイン」 吉野匠著

現実とは全く異なる世界を舞台に描かれている物語です。しかし、大陸があり国があり・・・と世界設定が詳しく決まっているので、ストーリーに入りこみやすいです。剣技や魔法が入り乱れ、時々流血表現があるものの楽しく読めます。登場人物も主人公をはじめ皆個性豊かですが、共感できる側面も描かれています。ファンタジーが好きな人におすすめです。

3年 うさぎパイ

「ログホライズン」 橙乃ままれ著

人気オンラインゲーム「エルダーテイル」の世界に、プレイヤー達が閉じこめられてしまった!!
・・・という一見「みなれた」設定ですが、内容は別の世界でプレイヤー達が暮らしていくために必要な「法」や「組織」の設置などが中心となっています。「一風」変わったRPGの世界をお楽しみください。

2年 世界保健機関

「十二国記 月の影 影の海」 小野不由美著

大人しく誰にでも愛想の良い女子高生の中嶋陽子は、ある日金髪の「ケイキ」に出会う。そして無理矢理つれて行かれた先は、十二の国がある異世界だった。そしてケイキとはぐれてしまう・・・。人に裏切られ、身体的にも精神的にも傷ついていく陽子は、無事に日本へ帰ることができるのか。またケイキとは何者なのか。

2年 みかん

「花物語」 西尾維新著

高校3年生になった少女の身に起きる事件、そして怪異とは・・・。目に見えるものが真実とは限らない。彼女が出会った少女の語りが、見えない闇を暴き出す! 現代(いま)を生きた儚く美しい少女達の物語。発売直後毎回書店ランキング1位の人気シリーズ! アニメ史上最大No.1売上げ記録を持つアニメの原作!!

2年 グリーン

「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」 天野頌子著

ホストあがりの毒舌イケメン陰陽師、安倍祥明とアルバイトでやとわれたキツネ耳少年瞬太。妙なとりあわせのへっぽこコンビがお客様のお悩み解決に東奔西走のほのぼのミステリー。

2年 ぶるわぁ

「盗神伝」 全5巻 メーガン・ウェイレン・ターナー著

女王の盗人ジェンの活躍を描く物語です。自信家で皮肉屋なジェンが危険をおかしながら上手く立ち回る姿はとても痛快です。児童書とは思えないほど濃密な内容と息をつかせぬどんでん返しでこの世界に引きずり込まれてしまいます。

2年 錆びついた車輪

このページの先頭へ戻る

図書委員のオススメ 2 (2013/05)

「黄金の王 白銀の王」 沢村凜著

翠(すい)の国は百数十年にも亘って、鳳亀(ほうしゅう)と旺廈(おうか)という二つの氏族が玉座をねらって争っていました。現在は鳳亀の頭領である?(ひづち)が治めていました。ある日?は幽閉されていた旺廈の頭領、薫衣(くのえ)と会います。仇同士であり、幼い頃から憎しみ合ってきた二人が翠を守り育むために選んだ道は、力を合わせて「なすべきことをなす」ということでした。涙なしには読めません!

2年 みかん

「万能鑑定士Qの事件簿」 松岡圭祐著

鑑定業を営む凜田(りんだ)莉子と記者である小笠原悠斗が、周りで起きる奇妙な事件を解決していくという物語です。「面白くて知恵がつく人の死なないミステリ」というキャッチコピーの通り、様々な雑学が織り交ぜられていたり、推理小説なのに死者がでないなど、他の作品とは一味違う特徴も持っています。

2年 世界保健機関

「獣の奏者」 上橋菜穂子著

主人公エリンが、壮麗な獣“王獣”との交流や、周囲の人々との交流を通して成長していく物語です。独特で、かつはっきりした世界観なので、すっとはいっていけます。全4巻と外伝が発売されていますが、一度読み終わってもまた何度でも読みたくなる、読み直せるくらい深いです。アニメやマンガ化もされていますので、本は苦手でもぜひ一度「獣の奏者」の世界に触れてみてください。

3年 かきのたね

「春期限定いちごタルト事件」 米澤穂信著

小鳩くんと小佐内さんは、中学までの自分とは違う「小市民」を目指す為に互恵関係を結ぶ高校1年生。平和な高校生活を求めるはずが、2人の前には頻繁に謎が現れて・・・。ミステリーなのにどこかほのぼのとした雰囲気と、個性豊かな登場人物が素敵な探偵小説♪

3年 さくらカフェ

「舟を編む」 三浦しをん著

映画化で注目の話題作。ひとつの辞書編纂に関わるたくさんの人の思いの物語です。主人公だけでなくサブキャラの目線の話もおすすめ。仕事への情熱が伝わる、恋愛要素ありの感動作です。

1年 しらたき

「この音止まれ!」 アミュー (コミック)

「こと」の青春部活マンガです!音楽を頑張っている人や音楽が好きな人に特に読んでほしいです。もちろん音楽をやらない人にもオススメです。きっと、頑張る力や助け合いのすばらしさや努力の大切さをたくさん教えられると思います。絵もキレイで特に演奏シーンは必見です!

2年 グリーン

このページの先頭へ戻る

図書委員のオススメ 1 (2013/04)

「友情」 武者小路実篤著

野村は仲田杉子に片想い中だが、彼女に告白できずにいる。だが、杉子は野村の親友・大宮が好きで、大宮はどこまでも友を立てようとパリへ渡るが、結局杉子の情熱にほだされてしまう。

恋は盲目というが、野村は盲目のあまり肝心な杉子の心も、大宮の気遣いも見えていなかった。だが、失恋したからこそ見える景色もあるだろう。片想い中のあなたに読んでほしい一作だ。

2年 さびついた車輪

「崩れかけのプロポーズ」 椿ハナ著

ちょっとイジワルだけど実は優しい医者の水樹くんと、ドジで寂しがり屋な会社員の奈々。

恋人同士で性格が正反対である2人の日常ストーリー。普段恋愛小説を読まない方でも、1度読むときっと恋がしたくなります。素敵な恋にときめいてください!

3年 ゆきうさぎ

「ウォルト・ディズニー 夢を叶える言葉」

“すべてはたった1匹のネズミから始まりました”この本には、ウォルト・ディズニーの言葉がたくさん詰まっています。様々なディズニー映画の1シーンと、名言が各ページに1つずつ載っているので、ページをめくるたびに、ディズニーの世界が広がります。

3年 レミー

「図書館戦争シリーズ」 有川浩著

厳しすぎる検閲から本を守るため、図書隊員になった主人公が、大切な本を守りたいという強い気持ちで、不器用ながらも自分らしくがんばっていくという物語です。ストーリーはハラハラしていて、とてもおもしろい作品です。

1年いちごクレープ

「ぼくらの七日間戦争」 宗田理著

東京都のある中学校の1年2組の男子生徒が、夏休みに廃工場にたてこもり、解放区を作って自分達の考えを理解してくれない大人たちと戦った。それぞれの個性を生かし、ラジオの実況放送やオリジナルの迷路を作って親や先生を挑発する。そんななか本物の誘拐事件が起きてしまう。大人と戦いながらも仲間を助けていく知恵と勇気に注目です。助けた後の最後の攻撃の大胆さにあなたもびっくりするでしょう!?

1年 ココロのアイダ

「バカとテストと召喚獣」 井上堅ニ著

この本は、科学と偶然とオカルトによって開発された「試験召喚システム」を使い、テストの得点に応じた「召喚獣」を用いて戦う話です。主人公はとてもバカな人ですが、他人のために真剣に怒れる心の持ち主です。ほかにも個性的なキャラクターがたくさんでてきてとてもおもしろいです。ぜひ読んでみてください。

1年 セキゲン

「サンジの満腹ごはん」

ワンピース好きなら読むべき。ご飯にまつわるシーン紹介や実際の作り方も写真付きで丁寧に教えています。尾田氏の書き下ろしイラストも必見。

2年 1400円+税

このページの先頭へ戻る

お知らせ

日々是横高

定時制

朋友会(同窓会)

神奈川県立学校ナビ

神奈川県教育委員会

神奈川県

COPYRIGHT © 2014 YOKOSUKA HIGH SCHOOL ALL RIGHTS RESERVED.