横高の四季 横高の四季 横高の四季 横高の四季 横高の四季

全日制HOME > 日々是横高

サイトマップ


日々是横高(お知らせ・ニュース)

最終更新:2018年 9月 10日

2018.9.10《水中ロボットコンベンション in JAMSTEC》
 8月25日(土)~26日(日)にかけて、PrincipiaⅡでJAMSTECの指導を受けて課題研究を行っている2年生3名が水中ロボットコンベンション in JAMSTECのジュニア部門に出場しました。全14チームが出場するなか、初戦を突破することができました。試合の合間にも改良を加え、2回戦では初戦以上に奮闘することができました。残念ながら2回戦で敗れましたが、課題研究における大きなヒントを得ることができました。

  

  


2018.8.30《料理de国際交流》
 8月12日(日)に、本校OGが主宰の国際交流グループ「ヨコスカ国際交流くらぶ」による料理de国際交流に本校現役生徒が2名参加しました。アメリカ人の皆さんと協力してお好み焼き作りにチャレンジです。英語のレシピを見ながらお互い協力し合いながら楽しく作って食べることができました。
  

  


2018.8.29《科学部 衣笠中学校合同実験会開催》
 8月17日(月)科学部が衣笠中学校(参加者19人)と合同で実験会を行いました。昨年度は両校の科学部同士の交流として実施しましたが、今年度は科学部以外の中学生も参加してくれました。
 中学生は,化学系(ビスマスの結晶作成、炎色反応)と生物系(アニサキスの観察、人工イクラ)の2テーマから希望する方を選んで実験しました。真剣に実験に取り組む中学生を前に、本校科学部員たちの説明にも熱が入った様子でした。
  

  


2018.8.29《SSH活動報告 シンガポール海外研修》
 7月20日(金)~25日(水)に、3年生3名が、シンガポールへ海外研修に行ってきました。これは、シンガポール国立大学で行われた課題研究のポスターセッション(Global Link Singapore)への参加を主な目的としています。3名は、PrincipiaⅠ・Ⅱ・Ⅲで行った自分たちの研究内容を、参加した約250名の高校生に英語でプレゼンテーションをし、会場に集うアジア各国の同世代の生徒と意見交換をするなど、これまでの研究の成果を大いに発揮しました。
ポスターセッション①  ポスターセッション②  熱帯雨林の調査
  


2018.8.29《オーストラリア訪問研修》
 8月4日~12日にオーストラリアのゴールドコーストを訪問し、語学研修と、その実践活用及び姉妹校ベノワ高校を訪問してきました。ベノワ高校では昨年の12月から準備をしてきた日本文化について実演を交えてプレゼンをしました。
 毎回半年前から英会話を校内事前研修で行ってきましたが、今年からプログラムを変更し、オーストラリアの語学学校にてイタリア等の他の国から来た人々と一緒に語学研修を受けました。英語のみの生活に少しずつ慣れたところで姉妹校訪問をしたので、ベノワ高校生との交流もスムーズに行えたようです。また、国際交流の目的である文化、自然の理解と、人々との交流においては、海岸でのライフセービングや、街頭インタビューを通して体感することができました。オーストラリアの大学に行きたいという希望が芽生えた生徒や、オーストラリアで日本語教師をやりたいという目標ができた生徒等、それぞれいろいろな思いを抱いて帰国の途に着きました。

8月4日 成田出発       5日 ブリスベン到着、市内見学、ホストファミリーと対面
     

6日 語学研修、カランビン動物保護区訪問  7日 語学研修、ライフセービングクラブ訪問
     

8日 街頭インタビュー、語学研修      9日 語学研修
     

10日 姉妹校ベノワ高校での交流①      姉妹校ベノワ高校での交流②
     

11日 ホストファミリーと過ごす休日    
  


2018.8.24《平成30年度 文化祭》
9月8日(土)、9日(日)に本校にて文化祭が実施されます。ぜひお越しください。
【一般公開時間】
8日(土) 10:00~一般公開受付終了16:00
9日(日) 9:30~一般公開受付終了15:00
※車、バイク、自転車での来校はご遠慮ください。



2018.8.24《AOTS フィリピン社会福祉士研修生 来校交流》
 AOTSとは一般財団法人海外産業人材育成協会(The Association for Overseas Technical Cooperation and Sustainable Partnerships)の略称です(2017年7月1日より英文名称HIDA→AOTSへ変更)。 日・フィリピン経済連携協定(EPA)に基づいてフィリピン人看護師・介護福祉士候補者を日本に受け入れ、日本の病院・介護施設における就労・研修活動に円滑に従事できるよう日本語や看護/介護の知識などの研修を行う事業をしています。研修生の方々は6月から12月にかけて横浜市金沢区にある研修施設に滞在します。 本校との交流は今年で3年目となりました。
 午後2時に研修生の皆さん約30名が来校し交流会を開催しました。セミナーホールで国際交流委員とのエンカウンター式ゲームやテーブルトークなどの交流会を開催し、英語と日本語を使ってお互いを知る活動を行いました。日本とフィリピンの文化の違いや言葉の違い、互いの価値観の違いや共通点を聞き合って、交流会は今年も大いに盛り上がりました。
 研修生の皆さん、来校ありがとうございました! 。

  

  


2018.8.15《ビブリオバトル全国大会に出場決定》
 2018年7月21日、神奈川近代文学館に於いて、神奈川県高等学校文化連盟図書専門部第7回ビブリオバトルが開催されました。各校のバトラーによる熱い本の紹介が行われ、本校2年大久保洸佑さんの紹介した『お任せ!数学屋さん』(向井湘吾・著)がチャンプ本に選ばれました。大久保さんは来年1月20日東京よみうりホールで開催される「全国高等学校ビブリオバトル2018決勝大会」に招待され、全国から集まったバトラーと競います。


2018.8.1《平成30年度 新入生宿泊研修》
 平成30年度 新入生宿泊研修を実施しました。  1年生宿泊研修を5月28日(月)~30日(水)の日程で行いました。昨年度までの研修とは大きく内容を変更し刷新しました。今年度は2015年に国連で採択された持続可能な開発目標Sustainable Development Goals(SDGs)に基づき、来日している外国人留学生(大学生もしくは大学院生) と共に英語を使った課題解決型のプログラムを実施しました。生徒10人に1人の割合で留学生たちがファシリテーターとして配置され、3日間全て英語でプログラムが進みました。留学生の出身国に関するトピックや課題、それらがSDGsとどう関わり、どのような解決方法が見出せるか、生徒たちは慣れない英語に苦戦しつつも一生懸命プログラムに取り組み、最後に全員が英語でプレゼンテーションを行いました。プログラムを終えた直後のアンケートでは、「これまでの価値観が変わった」「考え方が大きく変わった」という意識の変化が76%の生徒にみられ、「英語の学習をもっとがんばりたい」と答えた生徒が91%に上るなど、予想以上の成果が現れました。この研修をスタートに、今後の課題研究(Principia)や英語学習でも大きな成果を上げることが期待されます。   

  

  



2018.3.23《SSH活動報告「米国西海岸ベイエリア海外研修」》
 平成29年度 米国西海岸ベイエリア海外研修に関してStanford大学のホームページ(外部リンク)に記事が載りました。
 大きな写真の一番左が2年6組の原佳祐です。一番右が龍見教諭です。


2018.3.19《平成30年度入学予定者の皆さんへ》
 平成30年度入学予定者(新1年生)英語課題CDと本校メール配信サービスに関して


2018.2.14《SSH活動報告「米国西海岸ベイエリア海外研修」》
 1月22日(月)~27日(土)にかけて2年5組の原 佳祐君がアメリカのサンフランシスコ周辺のベイエリアに行ってきました。これはSSH事業の一環として横浜サイエンスフロンティア高校(YSFH)が主催している海外研修で、主な目的は、世界屈指の私立大学として知られるスタンフォード大学の研究機関であるInstitute for International Studiesが開発した国際理解・異文化理解プログラム(通称SPICE、Stanford Program on International and Cross-Cultural Education) を受講し、課題研究プレゼンテーションを行うことです。研修内容は主に以下の通りです。
   ① Silicon ValleyにあるIntel Museum、Apple Visitor Center、Facebook社におけるIT
    企業訪問研修。
     Intel Museumを訪れ、半導体の歴史を学び、Apple Visitor CenterではApple社
    が開発している最新機器に触れました。Facebook社では幸運なことにオフィスの内
    部に入ることができ、創造性や新たな発想を生み出す環境というものを肌で感じる
    ことができました。
   ② スタンフォード大学訪問、SPICEプログラム参加。
     午前はシルクロードをテーマにその歴史と文化の変容から、Interdependence(相互
    依存)とGlobalization(グローバル化)について深く学び、午後は生徒が課題研究プレ
    ゼンテーションを行いました。スタンフォード大学のGary Mukai教授からは温かいコ
    メントと励ましの言葉を頂戴し、生徒たちは感銘を受けていました。
   ③ 大阪大学北米拠点訪問。
     拠点長の長谷川教授(工学博士)から今の高校生に伝えたいことを中心に、様々な著
    名人のライフストーリーを紹介頂きながら困難や壁を越えていく逞しさとたとえ逆境
    に陥ってもあわてずその状況を受け入れて前に進む大切さを学びました。生徒は課題
    研究プレゼンテーションを行い、厳しくも心のこもったご指導を頂き、研究内容の深
    化がはかられました。
   ④ UC Berkeley(カルフォルニア大学バークレー)校訪問。
     全米でも最高水準の公立校であるUC Berkeley(カルフォルニア大学バークレー校)を
    訪れ日系学生ユニオンの学生たちと交流しました。生徒は3度目の課題研究プレゼンテ
    ーションを行い、学生たちから驚嘆と驚きのコメントや鋭い質問が活発に出され、ア
    カデミックな国際交流となりました。

 今回の研修を通じて原君自身の価値観や米国に対するイメージが大きく変わり、将来目指したい夢も大きく変わったそうです。より一層勉学に励む気持ちが強くなったと述べていました。

アメリカ到着      Intel Museumにて   Apple社ビジターセンター
  

ビジターセンター内①  ビジターセンター内②  Facebook社①
  

Facebook社②      Facebook社③     Facebook社④
  

Stanford大学①     Stanford大学②    Stanford大学③
  

大阪大学北米拠点①   大阪大学北米拠点②  UC Berkeley ①
  

UC Berkeley ②



2018.1.22
 本日(1/22(月))15:00の段階で神奈川県に大雪注意報が発令され、今後雪が降り続き交通機関の乱れが予想されたため、16:00時点で学校にいた生徒に下校指導しました。 また、明日(1/23(火))は、大雪警報が発令されていなくても、朝の時点で交通機関の乱れが予想されます。登校時間を次のようにいたしますのでご連絡します。 生徒の皆さんは無理をせず、安全には十分に注意して登校してください。
・10:30  登校・朝のホームルーム
・10:45~ 3校時から授業(火曜日③~⑦)

なお、午前8:00以降も気象警報が発令されていた場合は、「気象警報発令時などの授業等の措置について」にしたがって行動してください。

平成30年1月22日(月) 副校長 本名




2017.11.01
 近隣の住民の方から今年も立派な菊を届けていただきました。
 生徒・職員そして来校される方々を優しく玄関で迎えてくれています。

2016年菊

2016年菊

2016年菊



2017.10.12《皆様へ》
 「学校へ行こう週間」について詳細を掲載しました。
 本年度は10月24日(火)~10月28日(土)です。
こちらのページからご確認ください。
 ※事前の申し込みは必要ございません。




2017.9.9《皆様へ》
 本日の体育祭は予定通り開催されます。ぜひお越しください。
 一般公開8:50~16:00
体育祭ポスター



2017.9.4《活動報告報告 2件》

7月21日(金) HIDA フィリピン社会福祉士研修生 来校交流

 HIDAとは一般財団法人海外産業人材育成協会(The Overseas Human Resources and Industry Development Association)の略称です。日・フィリピン経済連携協定(EPA)に基づいてフィリピン人看護師・介護福祉士候補者を日本に受け入れ、日本の病院・介護施設における就労・研修活動に円滑に従事できるよう日本語や看護/介護の知識などの研修を行う事業をしています。研修生の方々は6月から12月にかけて横浜市金沢区にある研修施設に滞在します。
 本校との交流は昨年から始まっており今年も賑やかな交流の場が持てました。

 午後2時に研修生の皆さん約40名が本校に来校し交流会に参加しました。まずセミナーホールで国際交流委員によるゲームやテーブルトークなどの交流会を開催し、英語と日本語を使ってお互いをよく知る活動を行いました。日本とフィリピンの文化の違いや言葉の違い、互いの価値観の違いや共通点を聞き合って、交流会は大盛り上がりとなりました。

 交流会の後は茶道部がセミナーハウスの和室でお茶をたててくれました。伝統的な日本文化に触れたフィリピンの研修生の皆さんは普段できない体験にとても喜んでいたと同時に不慣れな正座をしたため足が痺れて歩けなくなるハプニングも楽しんでいました。茶道以外にも校舎・部活見学を国際交流委員引率のもと行い、互いに多くの会話が交わされて、交流を深めました。

 元気一杯の研修生の皆さんに30名近い横高生も多くの刺激を受けたようです。研修生の皆さん、ありがとうございました!

  

  

 


8月12日(土)/23日(水) HIDA フィリピン社会福祉士研修生とのランチ交流及びスポーツ交流

 昨年参加した生徒が参加者を呼びかけて集まった2年生3名と1年生1名の計4名が8月12日にフィリピン研修生たちが滞在している横浜市金沢区の研修施設へ訪問しました。

 交流をとても楽しみにしていた生徒たちは昼食時に訪問し、食堂で二手に分かれて研修生のグループに積極的に声をかけてランチ交流を楽しんでいました。英語と日本語で1時間ほど交流した後、フィリピンについての紹介、伝統文化の体験、そしてゲームや自由会話などの交流プログラムに招かれ、一人一人とても意欲的に参加していました。さらに、23日にはサッカー部39名、バスケットボール部20名が同研修施設を訪問し、それぞれフットサルとバスケットボールのスポーツ交流を行いました。スポーツのみならず、研修生が普段受講している講座にもお邪魔し、研修生による様々な交流プログラムによって生徒たちは異国文化に直接触れる良い機会を得ました。

 今年は延べ人数およそ100名に上る規模で交流が拡大でき、生徒にとっても大変貴重で刺激的な交流が行われました!HIDAの皆様、ありがとうございました!


  

  

 

2017.8.29《皆様へ》
 9月9日(土)に本校にて体育祭を行います。ぜひお越しください。
 一般公開8:50~16:00
体育祭ポスター



2017.7.24《中学生の皆様へ「学校説明会の申し込みフォームを設置しました」》
 こちらより詳細を確認のうえ、お申し込みください。
 第一回学校説明会は終了しました。(8/26)



2017.1.26《SSH活動報告「ポスターセッションを行いました」》
 SSH活動報告を更新しました。一年間の活動の集大成でもあるポスターセッションの様子をご報告します。→こちらをご覧ください。
ポスターセッション



2016.11.17《部活動報告「地域の行事に参加させていただきました」》
 ダンス部が10月22日(土)に行われたぎんなんまつり(公郷小学校)、北久里浜秋祭り(根岸交通公園)のステージ発表に出演させていただきました。見ている人に笑顔と感動を届けられるよう、これからも練習に励んでいきます。
2016年菊



2016.10.24
 近隣の住民の方から今年も立派な菊を届けていただきました。
 生徒・職員そして来校される方々を優しく玄関で迎えてくれています。
2016年菊


2016.10.28《体験部活動に参加される皆様へ》広報図書グループより

 明日10月29日(土)の体験部活に関して以下のようにご連絡いたします。
 軟式テニス・硬式テニス部は、本日と明日の天候によりコートが使用できない場合は教室でのミーティングになります。あらかじめご承知おきください。その他の部活に関しては予定通り実施します。活動場所・持ち物等をご確認の上、バレーボール部・体操部は14時40分、その他の部活は13時10分に、セミナーホール前におこし下さい。

 やむを得ず欠席なさる場合は、当日朝9時30分頃までにご連絡下さい
 皆様のお越しをお待ちしております。


2016.10.11《11月12日(土) 第2回学校説明会 受付開始しました》
 第2回学校説明会は横須賀市民文化会館で行います。
 参加ご希望の方はこちらのフォームより事前申し込みをお願いします。


2016.9.26《10月22日(土)横校未来ナビへのお誘い》
 10月22日(土)に本校セミナーハウスにて横高仕事ナビを開催します。本校を卒業した大学生・現役の横高生が対象となっています。奮ってご参加ください。PDFファイルはこちらからダウンロード出来ます。
2016年仕事ナビ  2016年仕事ナビ


2016.09.23《部活動報告》
『英国マルボロカレッジラグビーチームとの国際交流』

 ラグビー部は昨年のセントポールズスクール戦に続き、今年もイギリスの学校との日英親善試合を行いました。相手のマルボロカレッジは、イギリス屈指の名門パブリックスクール(私学)。最近ではキャサリン妃やキャメロン首相夫人を輩出するなど、イギリス最高レベルの学力と資産を持たないと入れないと言われる学校です。今年はラグビーの試合を行うだけでなく、学校を挙げての国際交流イベントにすることができました。
 8月1日にマルボロカレッジの55名は横須賀高校に来校し、まずはダンス部のウェルカムダンスでお出迎え。セレモニーの後は、弓道部、茶道部、書道部、剣道部、ソフトボール部、英語同好会の協力のもと、全員が日本文化体験として弓道、茶道、書道、剣道、野球を経験しました。午後はラグビー部員と一緒に活動。学食で蕎麦や天ぷらをいただいた後、グループに分かれて鎌倉観光を楽しみました。夜はラグビー部員宅でホームステイ。翌日も一緒に観光を楽しみました。
 2日間の濃密な交流で友情を深めた両校のラグビー部員は、8月5日、日本ラグビー発祥の地と言われているYC&AC(横浜カントリー&アスレチッククラブ)で再会し、日英親善試合として戦いました。一進一退の展開で進んだ試合は、横須賀高校リードで迎えたラスト10秒。マルボロカレッジのスピードとパワー溢れるアタックに逆転トライを奪われ、ノーサイドとなりました(最終スコアは7:10)。ラグビー発祥国の意地に屈しました。
 試合後はラグビー特有の文化であるアフターマッチファンクション(交歓会)。こちらからは、カラテやオタ芸など日本特有の芸を披露し、大いに盛り上がりました。ともにグラスを傾け(ジュースですが)、最後の時間を惜しむように楽しみました。スポーツを通じて世界とつながり、世界に友ができること。今年も素晴らしい経験となりました。
ラグビーマルボロ1 ラグビーマルボロ2 ラグビーマルボロ3 ラグビーマルボロ4 ラグビーマルボロ5 ラグビーマルボロ6 ラグビーマルボロ7 ラグビーマルボロ8 ラグビーマルボロ9 ラグビーマルボロ10 ラグビーマルボロ11 ラグビーマルボロ12 ラグビーマルボロ13 ラグビーマルボロ14

『ラグビー部 熊本震災募金活動』

 4月28、29日の二日間、横須賀中央駅付近と衣笠駅付近で熊本震災の募金活動を行いました。関東大会県予選を終えた直後のミーティングで、部員たちの中から「熊本震災の募金活動がやりたいです」という声が上がり、横須賀警察の道路使用許可を得た後、この2日間に実現しました。
 一日目、午前中に行ったグランド練習の最後に、全部員で円陣を組みました。「想像しよう。熊本で家族や家や友人や仕事など、多くのことを失ってしまった方々のことを。絶望の淵で一生懸命立ち直ろうとしている方々のことを。」目を閉じ、全員で手をつなぎ、2分間ほど想像しました。
 「目を開けよう。熊本の方々は今そんな状況なんだよ。だから俺たちが何時間道路に立っても、喉がかれるほど声を出しても、そんなの全く余裕だよね」このように意思統一をした後、横須賀中央駅に出発しました。
 はじめのうちは「熊本震災の義捐金活動をしています。ご協力よろしくお願いします!」という典型的なセリフだったのですが、すぐに慣れてからはそれぞれが自分の想いを熱く表現しました。
 どんなに大きな声を出しても、どんなに長い時間立っても、募金に協力してくださる皆様の温かい気持ちのおかげで、疲れをほとんど感じることなく時間が過ぎ去りました。「ありがとう!」「頑張れよ!」たくさんの励ましの言葉をいただきました。募金だけでなく、たくさんの優しい気持ちと感動を私たちの方がいただきました。
 2日間、合計7時間の活動で集まった募金の合計額はなんと130万1,532円。東日本大震災のときも64期・65期ラグビー部で募金活動を行いましたが、そのときの35万円を遥かに上回る額の義捐金を、神奈川新聞厚生文化事業団を通じて熊本に送ることができました。
ラグビー募金1 ラグビー募金2 ラグビー募金3 ラグビー募金4 ラグビー募金5 ラグビー募金6 ラグビー募金7 ラグビー募金8

※過去の記事は順次削除いたします。

日々是横高

定時制

朋友会(同窓会)

神奈川県立学校ナビ

神奈川県教育委員会

神奈川県

COPYRIGHT © 2014 YOKOSUKA HIGH SCHOOL ALL RIGHTS RESERVED.